fbpx

「第45代米国合衆国大統領が残した日本人へ90億円相当をプレゼント!?」

アメリカ合衆国第45代大統領…

その名前は、

「ドナルド・J・トランプ」。

ドナルド・トランプは、

実業家でありアメリカの不動産王としても非常に有名な人物です。

わがまま、狡猾、傲慢、自己愛、暴君のあだ名を持つトランプ氏。

一方で大統領職を退いた今でも熱烈な支持を集めるカリスマでもあります。

その彼が日本人に90億円をプレゼント!?

なんて信じられませんよね。

でもです、日本人はもとよりアメリカ人でさえ知らないこの話。

連邦政府が毎年発行する公式書類にはっきりと書かれている事実をもとに今からお話していきます。

最後までこの話を読んでいただければ、

トランプが日本人に贈ったプレゼントとは何か?

誰も知らないプレゼントの中身

そしてそのプレゼントをもらう方法、

がわかります。

プレゼンとは一体何か?

これからお話していきましょう‥

 

米国連邦政府公式発表資料から読み解く
”トランプの日本人へのプレゼントの正体”

2020年9月

米国連邦政府から一つの公式文書が発行されました。

その公式文書は合衆国政府が正式に発効した文書で、インターネットがあれば

誰でも閲覧できる文書です。

その文書とは「2021年度米国国防総省予算白書」。

国防総省予算白書には、2021年度の米国はもとより世界に展開する米軍の予算配分と予算の使用目的が詳細に

記載された国防予算の内訳が書かれた文書です。

過去5年間で消化された国防予算の内訳から、今後割り振られる予定の予算などを知ることができます。

あなたもご存知のように私たちが住む日本にも米軍が全国各地に展開しており、

米軍が展開するそれぞれの米軍部隊に割り振られる予算が事細かに描かれています。

話を戻しましょう。

トランプ氏が用意した日本人へのプレゼントの正体とは、

このアメリカの国防予算の一部である日本へ展開する米軍部隊向けの予算なのです。

「なぜ米軍予算が日本人のために使われるんだ?」

そう思われても仕方がありません。

ではここから、

なぜ国防予算が日本人向けのプレゼントなのかをご説明します。

なぜ米軍予算が日本人へのプレゼントなのか?

まずはそのお話をする前に会計年度2021年国防予算白書から抜粋したデータをご覧ください。

※===UNITED STATES DEPARTMENT OF DEFENSE  I  FISCAL YEAR 2021 BUDGET ESTIMATES

Irreversible Implementation of the National Defense Strategy

OPERATION AND MAINTENANCE OVERVIEWより===

上記2枚のデータは海外に展開する米軍部隊用の予算割り当てのデータであり、

それぞれ2020年度、2021年度予算割り当てを記したデータです。

それぞれの内訳の中で米軍軍人への給与、軍人向け少額ローン予算を除くと米国国防総省は

日本国内に展開する米軍部隊に対して毎年約2500億円前後を投資していることになります。

加えて2020年度の国防予算に比べ、2021年度予算は、前年度比87.7百万ドル増となっています。

87,7百万ドルは日本円でおよそ90億円になり、増額分が日本人へのプレゼントとなります。

在日米軍といえば

「思いやり予算」という言葉を思い出すかもしれませんが、

日本政府が米軍関連予算に割り振る予算ですが、実は米国政府も

日本国内の米軍拠点にかなりの投資をしているのです。

トランプ大統領が日本人への宇連前途の正体とは、トランプ政権下で最後に

可決した国防予算であり、それを受け取るには受け取るために米国のために仕事を

するという【ディール=プレゼント】なのです。

それがプレゼントの本当の意味です。

トランプ大統領のプレゼントをもらう方法

ここまでトランプ大統領のプレゼントとは何か、そしてその正体は何かをお話してきました。

アメリカ政府は、日本の在日米軍に莫大な予算を投下しているのは先ほども述べた通りです。

日本人へのプレゼント=米国のために仕事をやってほしい「ディール」なのです。

しかもその予算を使って、米軍基地の能力向上に協力してほしいと願っています。

米軍の要請を受けた見返りとして、

そのプレゼントを受け取ることができるということです。

トランプ大統領のプレゼントを受け取れるのはいつまでももらえるわけではありません。

食べ物に賞味期限があるように、

プレゼントにも【もらえる期限】があります。

米国連邦政府が2020年に作成した2021年度の国防予算は、2021年9月までの予算執行が求められている予算になります。

日本でいえば会計年度末が3月であるように9月までに予算執行をしなければ、

来年度の予算は削減されます。

なので来年度の予算を確保するためにも予算を使いきることが目的で日本では会計年度末近くなるといきなり道路を補修したりしてしていますよね。

同様にアメリカでも会計年度が近くなると予算消化を目的とした調達案件が全国各地の米軍関連施設向けにドカッと出てきます。

実際にそのプレゼントとしてどんな中身の仕事があるのか?

そして、プレゼントにはどんな種類の仕事があるのか?

それを知るには、米軍調達公告の中身を知らなければなりません。

誰しもこのプレゼントはもらえません…

トランプ大統領が90億円相当のディールを日本人に持ち掛けたとしても

誰もがそれを受け取ることはできません。

90億円相当のお金をすべて受け取ることはできません。

90億円のその中のうちいくつかの仕事を受けて見返りとして

受け取ることはできますが、そのすべてを手に入れることは難しいでしょう。

そして、仕事を受けるディールを受けなければもらうことすらできません。

でいったいどんな仕事を受ければ見返りとしてトランプ大統領のプレゼントをもらえるのか?

それが具体的に記されているのがアメリカ政府の政府調達局(GSA)が発行する

調達公告なのです。

米軍調達案件にはどんなものがあるの?

米軍調達案件には、数多くの調達案件が毎日全国各地の米軍基地で求められている仕事が掲載されています。

しかも、ペン一本から軍艦から戦闘機、戦車はもちろん、バスによる軍人向け国内ツアーなど非常にバリエーションに富んだ

案件が所せましです。

そんな調達案件を詳しく知るために今回ご紹介するのが

米軍調達公告日本語情報サービスです。

米軍基地内でビジネスチャンスをつかもうと検討しているあなたへ

今なら無料で    最新の米軍基地内のビジネスチャンスが日本語でゲットできます!

登録は簡単。右側のボックスにお名前とメールアドレスと入力するだけ。最新案件が更新されるたびにメールボックスに最新のビジネスチャンス情報が届きます

登録は簡単です。お名前とメールアドレスを登録するだけで最新の米軍調達速報が日本語で受け取れます。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

「米軍基地内のビジネスで売り上げを上げるチャンスが欲しい。でも情報が少なくてね…」
ご安心ください。米軍調達速報サービスを利用することであなたの会社にあった案件情報を手に入れることができます

あらたにビジネスを始めるときに一番大切なのは【参入業界の情報を手に入れること】

とあなたがお考えであれば、それは正しいことです。

あなたが米軍基地内のビジネスで売り上げを作るチャンスを求めているのであれば、

米軍基地内のビジネス動向が気になるかと思います。

でもそういう情報ってなかなか出回っていないのが本当のところではないでしょうか?

しかも日本語でです。

米軍基地は軍人をはじめその家族、そして基地内で働く多くのアメリカ人が生活を拠点とする

一つのコミュニティが存在します。

コミュニティが存在すれば多くのニーズが存在します。

彼らのニーズを満たしてくれるサービスや商品を人々は探しています。

例えばペン一本から道路の舗装に至る様々なニーズを満たしてくれる会社を

基地の外から募集をしています。

それらニーズは調達公告という形でそのニーズを満たしてくれる会社を募集しています。

しかし、そういった情報を手に入れることは一部の企業しか手に入れることのできない情報です。

すでに米軍基地内でビジネスをしている一部の企業にしか知られていない情報を

手に入れることは簡単ではありません。

でもご安心ください。

貴重なビジネスチャンスになるそういった情報を簡単に手に入れ、売り上げを米軍基地内のビジネスで

手に入れるチャンスを提供するサービスが

米軍調達速報日本語配信サービスです。

そして、しかもその情報は無料です…

全国の在日米軍の調達情報日本語配信サービスではこんな情報を手に入れることができます

日本の北は青森の三沢基地から南は沖縄の在日米軍の基地が発行する調達公告を覗くことができます。

米軍(米国連邦政府)が発行する調達案件の個別募集要項や概要のほか、落札結果を即時に手に入れることができます。

そういった情報を活用することであなたの会社が参入できそうな分野、案件取得の可能性を探ったりとビジネスチャンスを手に入れるきっかけをつかむことができます。

情報の少ない業界には様々なあることないことの噂が流れるのが世の常ですが、

米軍の公式情報という確かな情報をもとに情報を分析することで、精度の高いビジネスチャンスを

知ることができるようになります。

米軍調達速報サービスは米軍ビジネス成功のためのヒントも提供しています

建設からサービスなど多種多様な案件情報

建設案件から機器類のメンテナンス契約、輸送、物品調達などありとあらゆる
調達案件が日々出てきます

落札結果が瞬時にわかる

気になる案件をどの企業が落札したのかがすぐにわかります

調達市場の案件動向

全国各地の在日米軍の調達情報を知ることで市場動向を把握することができます。

翻訳に役立つ!米軍ビジネス特有の専門用語解説

米軍ビジネス業界には独特の専門用語が存在します。特に略語と呼ばれる言葉は英語が堪能な方でも困惑する特殊な言葉です。そんな難解な略語や独特の言い回しをわかりやすく解説するコーナーをご用意。すぐにでも使える用語を解説。

こんな時はどうすればいいの?米軍ビジネスQ&A

日本の官公庁入札同様、米軍基地内でビジネスを進める際、独特の手続きや作業プロセスが存在します。これに手を焼く企業は多くいます。難しいプロセスや手続きについてのQ&Aで解決していくサービスです。

米軍ビジネス成功のためのオンライン勉強会

米軍ビジネスは一部の市場は熾烈を極める競争が存在します。そんなし烈な競争の中で利益を確保し、事業拡大を図るための戦略から米国人相手に上手く交渉を乗り切るためのヒントをオンライン勉強会で日本全国に提供しています。

「英語はちょっとね…」。でもご安心ください米軍調達公告サイトの調達案件が日本語でご覧になれます…しかも無料です

米軍基地内で広告される調達案件。建設から、人材派遣など米軍は多岐にわたる業務を担う会社を日々募集しています。

Beta.SAMとよばれるアメリカ連邦政府が運営するサイトには

アメリカ国内はもとより世界中の米国連邦政府機関の調達案件の情報がアップされています。

ここに反のアメリカ連邦政府機関といえば米軍。

在日米軍も日々日本全国各地で彼らのニーズを満たしてくれる会社を探しています。

調達案件の公告サイトには多くの業務を担ってくれる会社を募る概要がところせましとリストアップされているのですが

すべて英語で書かれているのです。

「英語はちょっとね…」

英語に抵抗感を感じる場合、

”生”の情報を手に入れるには日本語に訳された情報をお金を払って手に入れなければなりません。

でもご安心ください。

ビジネスチャンスになりそうな案件の情報を日本語で受け取ることのできるサービスが

米軍調達速報日本語配信サービスです。

今すぐ新たな市場に参入する情報収集活動の手始めとして

米軍調達速報を手に入れてください。

フェンスの先は一つのコミュニティが存在します。フェンスの向こうの”彼ら”はあなたの会社の”手助け”を必要としています

コミュニティが存在すると多くのニーズがあります。あなたの会社のスキルを必要としている彼らの声に耳を傾けてみると…

基地内のインフラ、施設の建設事業

米軍基地内の生活や活動に欠かせない道路や橋、上下水道や電気などのインフラ、彼らが生活する住居などの改修から建て替えなど多くの建設ニーズがあります

ペン一本から物品調達

米国政府が必要とする物資はペン1本から航空機の部品まで幅広く調達しています。それ以外にも機材のレンタルやリース契約案件も多数あります。

機械設備や建物のメンテナンス、景観整備や

”米軍基地”というコミュニティを維持していくためには定期的に保守点検、メンテナンスしなければなりません。そんな業務を担う企業を米軍基地は常に求めています。

経験豊富なプロの力

建設工事や物品調達だけが調達案件ではありません。プロとしての経験を積んだプロフェッショナルの協力も必要なのでアドバイザリー業務なども調達の対象です。

なぜ無料で米軍調達情報を配信するの?

理由は2つあります。

一つはあなたの会社に米軍ビジネスに参入するきっかけにしてに欲しいと思っています。米国政府が発行する確かな情報を手に入れてビジネスチャンスをつかんでほしいと心から願っています。

噂レベルの話をうのみにするのではなく、一次情報として正しい情報を手に入れ、その情報をもとに参入する機会にしてほしいと思います。ビジネスチャンスはこんなにも身近にあるものだと実感していただきたいからです。

二つ目にこういう貴重な情報を日本語で配信すれば米軍ビジネスを始めると決めた時、僕らに声を掛けてほしいと思ったからです。僕自身も入札準備から落札後のプロジェクトに数多く関わってきた経験をもとにあなたの会社に適切なアドバイスができると思います。

確かな一次情報のリソースとして米軍調達速報をご活用ください

米軍ビジネス参入の第一歩は正しい情報を手に入れることから始まります。調達サイトの調達案件は正確な情報を集めるときに確かな情報源になります。まずは情報源として米軍調達速報を日本語でご活用ください。

米軍ビジネス実践会 主宰者情報

 前盛達司(MAEMORI TATSUJI) 1978年生まれ 沖縄県出身
 米軍ビジネス実践会 主宰者

 

駒澤大学卒業後 18年間東京にて国内証券会社、外資系金融機関、飲食店経営参画経て退職後2015年に帰沖。

2015年に県内大手の施設管理会社にて米軍プロジェクトの部署に配属。

 

 主に入札情報収集、積算、協力会社との折衝をはじめ米軍の契約事務所との折衝、輸入材調達などを担当。

 

2018年より本土系建設会社勤務。サブミッタルの書類作成、情報収集を担当。飛行場施設建設のMATOCプロジェクトでは、難解な技術提案書作成に尽力。

2020年6月よりこれまでの米軍関連コンサル会社が提供してこなかった、体系化された米軍ビジネスマニュアルを作成し、即戦力となる米軍ビジネスプロジェクト人員の育成、個別案件に特化したコーチングを中心としたコンサルティング会社、アルファマーケティングソリューションを設立。同年6月より米軍基地プロジェクトの問題解決に特化した米軍ビジネス実践会を主宰。

米軍ビジネスで売り上げを作るチャンスをつかみたいと思うあなたへ

今なら無料で    最新の米軍調達案件情報が日本語でゲットできます!

登録は簡単。右側のボックスにお名前とメールアドレスと入力するだけ。最新案件が更新されるたびにメールボックスに最新情報が届きます

登録は簡単です。お名前とメールアドレスを登録するだけで最新の米軍調達速報が日本語で受け取れます。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

米軍ビジネス実践会とは?

特定商取引法上の表記プライバシーポリシーお問い合わせ

表記の画像・コンテンツの無断転載、転載を禁じます。

〒900-0003沖縄県那覇市安謝619-8 202 

合同会社アルファマーケティングソリューション

close

今すぐ 👋
最新の米軍調達情報をゲットしよう

登録は簡単です。お名前とメールアドレスを登録するだけで最新の米軍調達速報が日本語で受け取れます。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。