GSAってなあに?

from: maemori

GSAとは政府調達局(General Service Administration)のことだ。

ここの部署は連邦政府直轄の部署で、アメリカの資産(不動産や動産)の管理、物品の調達、販売を行う部署である。

米軍ビジネスでは輸入材を主に米国製品を扱うことが多く、米軍ビジネスでは非常に身近な存在だ。

取り分け、アメリカ製品を使うことが推奨されている米軍ビジネスでは、GSA認定された製品を使うことがある。

GSA認定されるのはアメリカ製品のほか、ドイツ日本と多岐にわたる製品が多く登録されている。そして何よりも調達コストが商社を通して購入するよりも安く入手できるメリットがある。

ただGSAにて入手できる製品を購入するのには、申請と登録そして許可が必要なのでここは契約事務所に確認して購入できるかを問い合わせる必要があるので一度確認するといいかもしれない。

特に米軍プロジェクトではサブミッタルと呼ばれる書類の提出プロセスがあり、

仕様に従った製品でGSA認定品を選べばすんなりと承認を得られやすい。

トランプ政権ではBUY AMERICAN Actとよばれる(米国製品を優先的に購入、使用するよう推奨する規則)が促進されており、米軍プロジェクトによって予算規模の何割か(プロジェクトの性質にもよるが)をアメリカ製品を使うようにとの指定があったりする。

もしあなたが輸入材を購入検討する場合、一度GSAのサイトをのぞいてみるといいかもしれない。そうすれば驚くほどの種類の製品、価格でプロジェクトに必要な材料や機材を購入できるだろう。

あなたの会社にとってGSAは役に立ちそうだろうか?

close

米軍ビジネス新規参入ガイドと特別レポートはこのページ限定です。

探しても見つからない秘密のコンテンツを今すぐゲットしよう! 🎁

このレポートは完全無料です

多くの方に見てもらいたいので無料で提供

いただいた情報は厳密に管理いたします。!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

投稿者について

Paolo

米軍工事は今すぐやるな。失敗する米軍工事、成功する米軍工事プロジェクトとは何か?知らなきゃ大赤字覚悟のプロジェクト。大赤字を出してまであなたは米軍工事に参入しますか?