米軍ビジネス参入に必ず必要な手続きとは?

from:まえもり

DUNSナンバーとNケージコードの取得だ。

そしてBeta.SAMとよばれる入札情報サイトで登録をすることだ。

この3つの手続きを終えていなければ、入札には参加できない。

入札前登録をすますといざ、自分が得意な分野の業務の入札案件に参加できる。

機動戦に備えよ

DUNSナンバーは東商リサーチで事前に申請を行えば米軍ビジネスをスタートするのであれば無料で取得できる(一部有料)。https://duns-number-jp.tsr-net.co.jp/search/jpn/login.asp

9ケタのDUNSナンバーを取得すれば、次にNケージコードを取得する手t付きとなるがNATO support agency https://eportal.nspa.nato.int

NATO support Agencyで企業登録が済めば数日後には5ケタのNケージコードがメールで届くはずだ。

その後、Beta.SAMで取得したDUNDナンバーとNケージコードを用いてあなたの会社のアカウントを作成し登録が完了できれば、初めてあなたの会社が入札に必要な最低限の入札資格を得たことになるのだ。

あなたが米軍ビジネス参入を検討している会社であれば、せめてここだけは済ませておこう。

もしあなたが米軍の入札情報で入札してみたい案件を見つけたとき、登録が済んでいないと、入札資格要件を満たせず何もできない。

戦いは時間がカギだ。常に動きながら戦う機動戦が勝利のカギだ。

だからいざ行動に移すとき必要な準備を今すぐ整えよう。

close

米軍ビジネス新規参入ガイドと特別レポートはこのページ限定です。

探しても見つからない秘密のコンテンツを今すぐゲットしよう! 🎁

このレポートは完全無料です

多くの方に見てもらいたいので無料で提供

いただいた情報は厳密に管理いたします。!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

投稿者について

Paolo

米軍工事は今すぐやるな。失敗する米軍工事、成功する米軍工事プロジェクトとは何か?知らなきゃ大赤字覚悟のプロジェクト。大赤字を出してまであなたは米軍工事に参入しますか?