米軍ビジネスに英語要員はいらない?

from:Maemori

米軍とのビジネスを始めるとき、もちろん英語を使ったコミュニケーションが必要になってくる。

英語要員は契約事務所との会議やメールのやり取り、様々な場面で必要になってくる。

すべての書類は英語でのやり取りが求められるのが米軍ビジネスであり

米国の資料を読み解き情報を入手するために必要な人員である。

でもどうして僕は英語要員はいらないといったのだろうか?

英語要員は、情報収集のためのあくまでも手段に過ぎない

英語要員はあなたが求めている情報を英語から日本語、日本語から英語

に通訳または翻訳する役割に過ぎない。

一番大切なことは、その得た情報をもとにあなたがどう決断するのか、どう行動するかが大切なのだ。

極論を言えば、英語と日本語を約するのであればグーグル翻訳を用いれば基本的な情報を得るのに事足りる(もちろん誤訳は多いが…)

そして今ではオンラインを探せば、英語を約してくれたり日本語を英語に訳してくれるサービスだってある。

これらのサービスを用いればあなたは専属の英語要員を常駐で雇う必要はないのだ。

必要に応じて英語要員を雇うことができれば、どんなにいいだろうか?

英語の能力は米軍ビジネスには必要だ。でも本当に必要なのはあなたが得た情報をどう生かすかだ。

close

今すぐ 👋
最新の米軍調達情報をゲットしよう

登録は簡単です。お名前とメールアドレスを登録するだけで最新の米軍調達速報が日本語で受け取れます。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

投稿者について

Tatsuji

米軍工事は今すぐやるな。失敗する米軍工事、成功する米軍工事プロジェクトとは何か?知らなきゃ大赤字覚悟のプロジェクト。大赤字を出してまであなたは米軍工事に参入しますか?