名将ロンメルと呼ばれた理由と米軍ビジネスの深い関係

from:Maemori

オフィスより

ロンメルという名前を聞いたことがあるだろうか?

第二次世界大戦のドイツの将軍で、砂漠のキツネとと呼ばれたいまだに尊敬を集める将軍の一人だ。

なぜ彼は、ドイツの将軍の中でも名将と呼ばれるのか?

一番の理由は、1940年同盟国イタリアがドイツにならい領土拡大を狙い北アフリカのイタリア領リビアから隣国エジプトに侵攻。

対峙するイギリス軍に劣勢を強いられている状況を救ったからだ。

数ではロンメル将軍のイタリア=ドイツアフリカ軍団はイギリス軍に対し劣勢,本国からの補給もままならない状況にもかかわらず、敵を混乱に陥れ、イギリス軍に撤退を強いた。

補給も満足に受け入れらず、数においても劣勢だったロンメル将軍が勝ち得たのはなぜか?そしでロンメル将軍を名将足らしめたのかは、一人の男の存在があったからだ。

彼の名はフリッツ=バイエルライン。

彼は北アフリカにロンメル将軍が足を踏み入れ、ロンメルが病気を理由にアフリカを去った後もドイツアフリカ軍団の戦いを支えた真の名将だった。

名将の影に隠れた人物こそ真の実力者

実はロンメルは、作戦に関しては戦術の構想の域を最後まで出せなかった

将軍で、しかも補給という戦争継続に必要なことに関しては無頓着だった。

加えて常に作戦は「博打」なようなものだった。

そんなロンメルをバイエルラインは、戦術レベルの作戦を戦略目標までに高め、

苦しい補給状況を何とかやりくりし、作戦継続のために燃料や食料、水、そして車両を取りそろえた。

博打に近いような作成を構想から実現化するために常に努力し続けた。

そして1940年に北アフリカに上陸し、イギリス軍を相手に3年近くも情勢不利の状況のもと善戦した。

ロンメルが名将に押し上げた真の実力者はフリッツ=バイエルラインに他ならない。

米軍ビジネスに限らず、ビジネスの成功を支える参謀をあなたには持っているか?

米軍ビジネスに限らずビジネスを成功に導くためにはプランが必要だ。

そしてあなたのプランを実行する人物、周りで支えてくれるブレーンがいてこそ

プランを実現化することができる。

プランを実現するための道筋を立て、プラン実行をおぜん立てする段取りが取れることができる人物だ。

ビジネス成功にはいろいろな人々の支えが必要だ。そして不測の事態が起こる米軍プロジェクトを無事完遂させるための参謀がいるだろうか?

米軍ビジネスを始めようとする時点ですでに戦いは始まっている。

その戦いをあなたの会社の勝利とするための参謀を持っているだろうか?

P.S:米軍ビジネスでいう参謀、あなたの会社のブレーンとは、実務を担ったことのある経験者のことだ。それを見極めるのはあなたの鋭い質問で見極めることができる。それができるのはあなただけだ。もし参謀を探しているのであればここに問い合わせればあなあの会社にあった参謀が見つかるかもしれない。

P.S2:僕は歴史が大好きだ。ローマ帝国時代から、中世のヨーロッパ、近世の歴史が大好きだ。もちろん戦史も…おかげで本棚には歴史本がいっぱいある…。

close

米軍ビジネス新規参入ガイドと特別レポートはこのページ限定です。

探しても見つからない秘密のコンテンツを今すぐゲットしよう! 🎁

このレポートは完全無料です

多くの方に見てもらいたいので無料で提供

いただいた情報は厳密に管理いたします。!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

投稿者について

Paolo

米軍工事は今すぐやるな。失敗する米軍工事、成功する米軍工事プロジェクトとは何か?知らなきゃ大赤字覚悟のプロジェクト。大赤字を出してまであなたは米軍工事に参入しますか?