ファックスが普及するのに116年かかったって知ってた?

from;MAEMORI

今あなたのビジネスツールとして欠かせないアイテムのファックス。

見積書や図面、資料などあなたがお客さんや取引先に送る勝利を送付するのに手軽な機会が実は普及するのに140年かかったのをご存知だろうか?

ファックスは文字や図面写真などを電気信号に変換し、それを目的先に転送する仕組みだ。

なぜ116年間もファックスが普及するのに時間がかかったのだろうか?

厳密に言えば発明されてからしばらくたって使用はされていた。でも一般に普及するまでに長い年月を要した。

1843年にイギリス人のアレクサンダーベインがファックスの原型を発明し特許を取得した。

上手く電気信号をで文字や写真に変改できないなど技術的な問題が発生したこともあったが当時としては画期的なものであった。

しかも電話がアレクサンダーベルが発明する30年も前に考案されていたのだ。

一方でベルが発明した電話が30年後に発明されその後爆発的に普及されたが、ファックスは改良に改良を重ね技術的な問題がある程度解消されたものの普及するには至らなかった。

116年前に発明されたファックスはおよそ140年後の1959年にゼロックス社によって発売されると爆発的に売れ1965年までに5億ドルの売り上げを上げた。

そしてこれこそが116年間普及しなかった理由それは、

【製品に完璧を求めたあまり売る機会を失ってしまった】からに他ならない。

もし1843年にベインがファックスの原型を考案して技術的なトラブルがあっても販売をしていたらどうなったであろうか?

そしてもしいち早く市場に出していれば彼は莫大な富を築くことだってできたであろうし、通信手段の革命を起こし、歴史を変えることだってできたのかもしれない。

普及するのに116年間…。あまりにも時間をかけすぎた。

このFaxについての話はあなたにとても良い教訓となる。

前回の記事のマイクロソフトの成功の秘訣と比べてあえて今回この記事を書いたのは【時間】という軸であなたの会社を考えて行動をしてほしいと追う思いで書いた。

チャンスをつかむも瞬間は早ければ早いほど良いというのはこの話でもお分かりいただけると思う。

先行者利益というのは、早くチャンスをつかんだものにやってくる。遅れれば遅れるほどもらえる利益はどんどん少なくなってくる。

米軍ビジネス参入は今年が最後のチャンスとなるかもしれない。

なぜなら史上最高額113%増とオバマ政権よりも軍事費を増やしたトランプ政権最後の会計年度だからだ。それも今年の9月いっぱいまでである。

米軍ビジネスを取得しその利益を得ることができるのはあなたの行動次第なのだ。獲物を狙い撃つ。そのための準備をいつあなたはするのか?

そしてチャンスを得るのはいつなのか答えはわからない。

でもそのチャンスをつかむことお選んだあなたにはとっておきの情報をここで知ることができる。ぜひその情報をつかみチャンスを得るきっかけをつかんでほしい。

チャンスを得るための貴重な情報はここで入手できる。

close

米軍ビジネス新規参入ガイドと特別レポートはこのページ限定です。

探しても見つからない秘密のコンテンツを今すぐゲットしよう! 🎁

このレポートは完全無料です

多くの方に見てもらいたいので無料で提供

いただいた情報は厳密に管理いたします。!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

投稿者について

Paolo

米軍工事は今すぐやるな。失敗する米軍工事、成功する米軍工事プロジェクトとは何か?知らなきゃ大赤字覚悟のプロジェクト。大赤字を出してまであなたは米軍工事に参入しますか?