あなたはゴリアテかそれともダビデか?

from: Maemori

はるか昔の話。イスラエルとその敵であったペリシテは戦争のただ中にあった。

イスラエル軍は3メートルもある巨人戦士ゴリアテに恐れをなして誰一人として戦いを挑もうとはしなかった。

巨人との一騎打ちでこの戦いは終わると宣言したペリシテ陣営はこう申し出た。

「もしイスラエルが巨人を倒せば我々ペリシテはイスラエルの奴隷となる、もしペリシテの巨人がお前らの一人が戦いに挑み負ければ、イスラエルは我々の奴隷となる。」

そこでその話を聞いた羊飼いのダビデは、この一騎打ちの戦いに挑むことをイスラエルの王サウルに申し出た。

サウルはダビデに鎧と剣を渡そうとするがダビデは

「使い慣れない鎧や剣は自分にとって扱えるものではありません」と断り、

代わりに川で石を拾い、革でできた投石器を持ちゴリアテの前へと進んだ。

ダビデは川でできた投石器に意思を入れ、それをゴリアテの頭へと投げた。

ダビデの放った石は見事にゴリアテの頭に当たり、そのままゴリアテは地面へと倒れた。

昏睡したゴリアテに近づいたダビデは、ゴリアテの持っていた剣を取ると

ゴリアテの首をはねた。イスラエル軍は見事に勝利をつかんだのだった。。。

ライバルに正面から正攻法で戦っても負けるのは当たり前

このゴリアテとダビデの話はあなたにとても大切な教訓を教えてくれる。

体が小さく戦い方を知らないダビデが百戦錬磨のプロ巨人の戦士ゴリアテを倒したのには理由があった。

ダビデは鎧や剣を持ってまともにゴリアテと戦えば、小さな体の俊敏性を失い、ゴリアテの攻撃をかわせないことはわかっていた。

次にゴリアテの攻撃範囲に入ってしまえば、きっとやられてしまっていることを要そうした彼はあえて相手の間合いに入らないところから、石を当てることで倒すことに決めた。

鎧で守られたゴリアテの唯一の弱点は、鎧で守られていない場所が額だということがわかってそこを集中的に狙うことに決めていたのだ。

ダビデは待下に正面から正攻法で戦わずして勝つ方法を考えそれを実行しイスラエル軍に勝利に導いたのだ。

入札案件で大手と正面から戦わずして勝つ方法

それは大手が狙わない案件を狙うこと。そしてライバルが敬遠しがちな案件を探すことだ。

正攻法で攻めれば資本力、人員、ノウハウも豊富な大手には勝つ見込みは少ない。

でも小さな会社が狙える案件というのも実は探せばある。しかもライバルが敬遠しがちな案件は応札企業も少なく落札する見込みが非常に高くなる。

もちろんあなたもご存知のようにあなたが狙った案件が確実にあなたのものになる保証などない。

でもせっかくだったら獲得できる見込みのある案件を狙った方があなたのものになる可能性はぐっと上がる。

あなたが持正面からゴリアテに挑めば負ける、あなたはダビデのように素早くて賢く勝てる方法を取るか。

この物語はあなたにとても大切なヒントを与えてくれるはずだ。

あなたは正面からゴリアテに戦いを挑まず、賢く動けるはずだ。

米軍調達の勝てる戦略を練ることも「時間」という貴重な投資になる。

P.S:米軍ビジネスでダビデのように賢くして案件を手に入れる方法を

ここで紹介している動画に収めてある。あなたがダビデであるならきっと役に立つ方法だ。

close

今すぐ 👋
最新の米軍調達情報をゲットしよう

登録は簡単です。お名前とメールアドレスを登録するだけで最新の米軍調達速報が日本語で受け取れます。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

投稿者について

Tatsuji

米軍工事は今すぐやるな。失敗する米軍工事、成功する米軍工事プロジェクトとは何か?知らなきゃ大赤字覚悟のプロジェクト。大赤字を出してまであなたは米軍工事に参入しますか?