「ここは日本だから…」

from:Maemori

は通用しない。米軍基地だから。

といっても納得しない会社は多い。

日本の土地に米軍基地があっても一歩入れば、日本の中の外国なのだ。

米軍基地は日米地位協定で取り決められたルールよりもとても大切なルールが決められている。

もしあなたが米軍基地内で仕事をするのであれば、どんなことがあっても意識しておかなければならないことがある。

それはあなたに与えられた仕事、受注した仕事のお金は、

「アメリカ国民の血税」

まかなわれていることだ。

ここは日本だから…

このメンタリティを持つ会社はプロジェクトで失敗する会社の特徴だ。

ここは日本だから日本のやり方じゃないといけない…

そういう考えを持ち込む会社は米軍ビジネスをするべきではない。

かといって、日本のやり方が通用しないことではない。

プロジェクトに使われる材料や、材料の試験方法、作業手順はほとんどが日本のルールで行われているが、それらを承認してもらえばいい。

例えば仕様書ではアメリカ規格の一つASTM規格の代わりに日本のJIS規格の製品仕様の材料を使用したければ、使用するための承認を申請し、許可があれば使用することができるし、代替品としても使用できる。

検査方法もアメリカの規格が適用されなければならない仕様でも、それらが国内で代替できない試験方法であった場合、契約事務所に申請し、大体試験方法として許可をもらうことができる。

アメリカ人はアメリカ人の税金で賄われたものがどのように使われているか、適切に使われているのかを監視するオンブズマン制度が非常に厳しく、米国議会で毎年財務委員会が開催される。

そのため貴重な税金の使途が調べられるわけだ。そうするとアメリカの税金=プロジェクトの受注金額であるからこそ、仕様もアメリカ規格が基本となる。

だからこそスタンダードはアメリカであり、日本規格はあくまでも代替に過ぎないのだ。

日本規格はもちろん使用できる。日本の作業の進め方や、試験方法も可能だ。

でも覚えておこう、「日本仕様」で作業を行ったり、JIS規格製品を使う場合はすべて許可申請が必要だということを。

close

今すぐ 👋
最新の米軍調達情報をゲットしよう

登録は簡単です。お名前とメールアドレスを登録するだけで最新の米軍調達速報が日本語で受け取れます。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

投稿者について

Tatsuji

米軍工事は今すぐやるな。失敗する米軍工事、成功する米軍工事プロジェクトとは何か?知らなきゃ大赤字覚悟のプロジェクト。大赤字を出してまであなたは米軍工事に参入しますか?