米軍プロジェクトの暗黙のルールとは?

from:MAEMORI

新都心のカフェより

米軍プロジェクトを始めて取った時、多くの企業がいろいろなルールや手続きに戸惑ってしまう。

特に多いのが、暗黙のルールと呼ばれる不文律である。

その中で特に基地内では「常識」だと認識されているルールがある。

それが、「2つの規則があると厳しい方の基準がルールとなること」

例えば、消防法で日本とアメリカの消防法の2つが存在する時、厳しい基準を適用ルールとする

だいたいアメリカの消防法が厳しい。

材料規格のJISとASTM,試験基準が厳しいASTMになったりする。

これは、建築や施設管理などの業務に関わる企業は覚えておくとよいルールでもある。

もし二つのルールが存在する時、どの規格が厳しいのか?

これを意識してそのルールを徹底しておけば、あとで起こりうる問題にも対処できる。

暗黙のルールがある場合、そのルールを破らないようにしてプロジェクトを進めよう。

P.S:暗黙のルールはほかにもある。そのルールがどんなものがあるのか知りたい場合は、

ここでこっそりと教えてくれる

close

米軍ビジネス新規参入ガイドと特別レポートはこのページ限定です。

探しても見つからない秘密のコンテンツを今すぐゲットしよう! 🎁

このレポートは完全無料です

多くの方に見てもらいたいので無料で提供

いただいた情報は厳密に管理いたします。!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

投稿者について

Tatsuji

米軍工事は今すぐやるな。失敗する米軍工事、成功する米軍工事プロジェクトとは何か?知らなきゃ大赤字覚悟のプロジェクト。大赤字を出してまであなたは米軍工事に参入しますか?